« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月29日

●淀みなく流れる旅路 〜2009年8月御蔵島の旅 2〜

月曜日の朝早く、御蔵島の観光協会に電話した。島には村営のバンガローが5棟あって、そこは安い値段で借りられるので人気がある宿泊施設なのだ。予約状況のHPがあって、そこには明日火曜日だけが空き有りの表示になっていた。

御蔵島へは夜行の船で向かう。竹芝桟橋を夜10時20分に出て、三宅島を経由して御蔵島には午前6時過ぎに到着する。島はお椀をひっくり返したようなカタチをしているので、天然の港というのがなく、ときおり接岸できずに上陸できないこともあるという凄い島だ。

電話口に出た観光協会の感じのよさそうなおにいさんは、明日のバンガローはまだ空いていること、今は雨が降っているけれど、午後からは晴れ予報であり、明日明後日も凪ぎで着岸も問題ないだろうことを教えてくれた。何の障害も問題もない・・・。思わず「では今日の夜の船に乗るので、明日の予約をお願いします」と言ってしまったのだった。

mikura0803.jpg

続きを読む "淀みなく流れる旅路 〜2009年8月御蔵島の旅 2〜"

2009年08月28日

●突然の御蔵行き〜2009年8月御蔵島の旅 1〜

それはかなり突然の思いつきだった。御蔵島に行こう、イルカと泳ごう、今すぐ行こうと思ってから実際に船に乗るまでにまる1日しか経っていないほどに。

御蔵島に最後に行ったのは2003年のこと。その後、行きたいな〜とずっと思いつつも、自分の中ではドルフィンスイムだけでない旅先としては小笠原のほうが好きだったので、そちら行きを優先していたことや、途中ハワイ島留学を挟んでいることもあって、ずっとご無沙汰の島だった。


平地がほとんどない御蔵島(みくらじまと読みます)

前回御蔵に行ったときは、まだマッサージの勉強をやろうとは思っておらず、仕事も含めて自分の立ち位置がかなり宙ぶらりんな状態で、鳥かごから出てみたもののどっちに向かって飛べばいいんだ?と立ち往生しているようなそんな頃だった。
初めて御蔵に行ったときもやっぱり急に「イルカに会わなくちゃ」って思って、御蔵の宿に電話して、急遽旅立った記憶がある。そしてそのとき、まだあんまり潜れなかった私に、やさしく寄り添って泳いでくれたイルカがいて、すごく感動したのだった。

そのときから御蔵のイルカは優しいなあ、、、と思っていた。なんとなく小笠原のイルカは「やんちゃ坊主!楽しい!!」という感じで、御蔵のイルカは「母なる癒し、深い愛」みたいなイメージが自分の中には出来ていたのだった。親子も多いしね。

続きを読む "突然の御蔵行き〜2009年8月御蔵島の旅 1〜"

2009年08月23日

●シーカヤックで小網代へ

久々に乗ったシーカヤック。
全く初めての2人と一緒のツアースタイルだったので、前日までは波が荒くてどうなることかと思ったけれど、当日朝はべたべたの凪ぎ。そして天気も暑過ぎず涼しすぎずで最高のコンディションだった。

seakayak0801.jpg

三戸浜を出発して小網代の入り江へとゆっくり進む。途中の海は、水底が見えるほど澄んでいて「うわ〜海に入りたい!!」とか言いながらそのまま油壺方面へ。このあたりの海は入り江が多くて、海岸線が複雑でシーカヤックでしかたどりつけないような海岸も多く、すごく面白い。

seakayak0802.jpg

続きを読む "シーカヤックで小網代へ"

2009年08月19日

●今年の夏とこれからの私

あまりに久しぶりすぎて何を書いていいやらさっぱりわからないけれど、これ以上放置するとヘンな迷惑コメントの嵐になりそうなので(なぜか日記書かないと増える)とりあえず久しぶりに真面目にキーボードに向かってみることにする。

8月に入って、なんだか妙に慌ただしい日々が続いていた。ものすごーく忙しいというわけでもないのだけれど、お仕事したり、ちょこちょこどこかへでかけたり、久しぶりにお盆に実家へ帰省したりしていたらあっという間にもう8月も後半戦、、というよりもう終盤に入ろうとしているではないか。いつもバタバタしているけれど、今年もまたそんな風にして夏があっという間に走り去ろうとしているのかもしれない。

私は夏が大好きなので、かーーっと照りつける太陽やセミの鳴き声、海の喧噪、一瞬一瞬が愛おしいと感じる。特にここ秋谷に越してからは、この一帯が夏の間、ちょっとだけ浮かれた感じになって、海水浴場には遠くからきた観光客が海水浴してたり(あんまりいないけど)葉山の海の家はいつも外国のリゾートみたいで異国情緒満開で、その限られた時間と空間を楽しむことが大好きになった。

今日という1日は今日しかなくて、もう二度と元には戻れないのだから、だからこそ、毎日毎日を精一杯楽しく生きよう。と本気で思う。


これはハワイだけどね

続きを読む "今年の夏とこれからの私"