« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月27日

●夏のエネルギーチャージ!

いやあ〜とてもとても久しぶりにブログを書く気になりました。毎日とっても楽しく過ごしていたのだけれど、なんかどうしてもそれを書いて残す気力まではなかったのだ。というわけで、7月楽しく遊んだ記録をまとめてどーーん!と書いてみることにする。

まず梅雨明け間際の7月12日(土)、毎年恒例秋谷神社(家の裏)のお祭りから。11日の宵宮から12日朝から夜まで続く神輿(海にまで神輿が入る)のお祭りで秋谷の町は大騒ぎ。
(去年の様子もブログに書いてたのだけれど、あまりのスパムコメントの多さにエントリーを消しちゃいました)最後に神輿が宮入りする場面がうちの二階和室から最高によく見えるので、いつもこの日は近所の友人たちを招いて、数時間だけワイワイ過ごすのだ。

summer0803.jpg
去年の写真だけど、、、
summer0804.jpg
国道も封鎖する御神輿

この界隈では一色の海の家で知り合った夏の間にだけよく会う友達(笑)なんてのもいて、ご近所の友人たちが勢揃いしたこの日は私にとっての夏の始まりだった。


7月13日(日)は、BEACHを拠点に走っている葉山トレイルランニングクラブ(HTRC)のジンギスカンパーティ。今年はアウトリガーカヌーをやっている人たちも一緒に20名近くが延々と昼前から夜までジンギスカンその他みんなが持ち寄った美味しいフードを食べ続けるとても楽しい会だった。

私は杏仁豆腐をつくろうと思って材料を持って行ったのだけど、ゼラチンの量がうまく調整できず杏仁豆腐というよりは、パンナコッタみたいなものになってしまったが、まあそれもまたよし。

summer0801.jpg

続きを読む "夏のエネルギーチャージ!"

2008年07月13日

●沖縄の旅番外編 久高島1day trip

フリーダイビングの試合がメインの沖縄行きだったけれど、1日はまるきり自由な時間が取れたので、ひとりでのんびりドライブすることにした。去年3月に行ったときは北部のほうをまわったので、今回は南だな〜と思っていた。沖縄入りしてからの3日間で燃え尽きた感があったので(笑)最後ぐらいはとにかくひたすらのんびりしたかった。

行き先はなんとなく2年前に一度行った久高島かな〜という予感はしていた。この島は神の島とも言われ、世界遺産にも指定された斎場御嶽(セーファーウタキ)から見える小さな島である。とても小さくあまりマスコミにも取り上げられることが少ない島だけれども、スピリチュアル系?の人には有名な、知る人ぞ知るといった島だ。

前回友人と行ったときも、なーんとなく不思議な出来事があった。自転車でゆっくりまわっても1時間くらいしかかからない小さな島で、これといった見所もない。あるのは御嶽(ウタキ)と呼ばれる聖地と島全体に広がる小さなビーチくらいなものだ。ただしこの島は沖縄のふるーい歴史とともに未だ生きている島なので、年中行事としてお祭りがたくさんあったり、島全体が共有財産となっていて、誰ひとり個人で土地を所有していないなど、とても面白い風習が残っていることで貴重な島だといわれている。

kudaka01.jpg

続きを読む "沖縄の旅番外編 久高島1day trip"

2008年07月07日

●沖縄フリーダイビングカップの旅 その3

海の競技が一段落すると、ホッとひと安心。次の日も試合があるのだが、心はもう終了気分(笑)
朝から何も食べてないので、夕方結果発表されるまでの合間にちょっとリゾートっぽい施設まで遅いランチを食べに行ったり、次の日の申告をした後みんなでお風呂に行ったり、ひとりドライブでマックスバリューでお買い物したり、つかの間のリラックスタイムを楽しんだ。

夜、あんなに朝から緊張したり動いたりしたからぐっすり眠れるかと思いきや、エアコンの調整があまりうまくいってなかったのもあるのか、全然眠れない。眠いのに眠れないのではなくて、無理やり寝たけど目が冴えてるという感じ。仕方がないのでipodで音楽を聴きながらぼーっといろいろ思いを馳せる。

今の季節、夜明けが早いので、4時過ぎにはもうあたりが明るくなりはじめた。うとうとはしたけれど、結局熟睡できないまま、朝6時前に宿の屋上へ。
昼間は暑くてコンクリートの床が鉄板みたいに熱くなってしまうけれど、朝の屋上は、さわやかな風が吹いて太陽がだんだん上ってくるのが見えて、目の前には青い海があって最高なのだ。

屋上でうとうとしたり、ヨガのポーズやストレッチをしたり。のんびりした時間を楽しむ。
今日は朝からプール競技。朝からガンガン太陽が照っていて今日もいちにち暑くなりそうだ。

okinawacup04.jpg

続きを読む "沖縄フリーダイビングカップの旅 その3"

2008年07月05日

●沖縄フリーダイビングカップの旅 その2

別の選手のサポートを終えたみみずんが選手船に戻ってきた。
「ばななん、そろそろウォーミングアップ行こうか〜?」と声をかけられる。
「はい」と小さく返事、そして荷物のチェック、フィン履いて、シュノーケルもって、マスクして、、、

ば「あっマスク、ちゃんとつけられてるかな?こ、、これで大丈夫??」
み「大丈夫、大丈夫だからね」
ば オロオロオロオロ、、、「えっと、ラニヤードは、、、」
み「持ってるから大丈夫だよ」

てな具合で相当挙動不審に陥っていた。心臓がどきどきしたり、そういった緊張は全然ないのに、とにかく落ち着かないのだ。他の選手の動向も気になる、、、けどなるべく気にしないようにする。

泳いで選手船に移動。競技時間が始まるまではウォーミングアップエリアと呼ばれるところで何度か潜ったり、顔をつけてシュノーケル呼吸して水に慣らしたりする。サポート役のみみずんはひたすら優しく「大丈夫だからね〜」を繰り返し繰り返し言ってくれる。昨日一緒に練習したOくんも「心配するな、絶対大丈夫だから」と声をかけてくれた。感情が高ぶっているからか、そんな一言がやたらと身にしみこんでくる。なんかみんな本当に優しいなあ〜、、、生きててよかったな〜、、、と思った。大げさっぽいけど、本当にそう思った。

ezypt_con.jpg
2006 Egypt World championship

続きを読む "沖縄フリーダイビングカップの旅 その2"

2008年07月04日

●沖縄フリーダイビングカップの旅 その1

先週末から沖縄へ行ってました。
メインは沖縄フリーダイビングカップへの参加。今回は選手登録したのでいつもとは持ち物も違うし、いろいろドキドキなことがたくさんあった。いつもなら食事も好きなときに好きなだけ(笑)食べられるけど、選手となると(基本的に競技前には胃にモノをいれないので)そうもいっていられず、、、。

週末の試合が終わって次の日1日フリーだったので、レンタカーで久高島への一人旅を楽しんでから火曜日に戻ってきた。が、試合疲れなのかそれとも久高島でいろいろエネルギーが変わったのか、帰ってきてから2日くらいずーっと、ひたすら眠るorぼーーーーっとしていた。ようやく昨日ぐらいから新しくいろいろ始めようという気になってきた。今回の沖縄はそれほど長い期間ではなかったけれど、とても濃いぃ旅になった気がする。

mimi.jpg
日焼け止めはネセサリーよねっ

==============

那覇に着いた木曜夜だけは雨が降っていたけれど、大会前日の練習のときも天気はよかったし、海况もさほど悪くなかったみたい。が、ほとんど海で練習するのが初めての私にとっては、海の上でロープにつかまりつつ仰向けで息を整えてる間に、波がざぶーーーんとかかぶってきて全然リラックスできなかった。「今日は全然マシだよー」なんてみんなが言ってるのを聞いて「マジかよ、、、」とひとり心の中でつぶやいてた。耳も予想通りなかなか抜けないし、んーーこりゃ大丈夫かな?という感じ。とにかく行けるとこまで行ってみて、申告深度を決めよう。。。

結局、その日一番深く潜れた深度で申告することにした。耳さえうまく抜ければ息は余裕なんだけど、、、。ぶつぶつ言いながら悩んでいると、メグさんこと松元恵さんが耳抜きのコツというか、以前こんな子がいたよ〜なんていって、なかなかアタマを下にして耳が抜けなかった人がわずかなアドバイスだけで、抜けるようになったという話をしてくれた。メグさんの細やかな気遣いに気持ちがふわっと温かくなった。

焦らず、こまめに、じっくり、、、。
サイナスが充血して鼻血が出やすい私。耳抜きマスターへの道は遠いなあ、、、、。

okinawacup01.jpg
大会書類提出中。港にて、、、主催者の龍&トモちゃん

続きを読む "沖縄フリーダイビングカップの旅 その1"